融雪事業

遠赤外線融雪とは?

路面上方向より遠赤外線放射体から放射された遠赤外線が雪・氷などに当たり吸収され、その物質分子や結晶を振動させて 熱エネルギーに変換され融雪及び融氷します。

  • 光が空気を伝わらずに直接達します。
  • 分子は常に振動しているが、熱源から放射された類似した波長に出会うと振動は激しくなり、発熱し、融雪・融氷を促進する。
  • 遠赤外線は雪や氷の分子に吸収されやすい波長帯の為、雪や氷の全体を溶かします。

融雪システムの制御フロー

小型風力発電と融雪システムの組み合わせ

小型風力発電&バッテリー利用トンネル融雪システム

小型風力発電&バッテリー利用トンネル融雪システム